2012年1月アーカイブ

その時代の中では、薬剤師に期待され、果たすべき役割は少しづつあがっていきます。

そのため、医療現場に役立て、信頼にたる薬剤師であることを証明するために、認定資格や専門資格が必要とされていくようになって来ました。

そこで薬剤師の関係した団体の日本薬剤師会をはじめとした、日本病院薬剤師会、日本薬学会、日本医療薬学会、国立薬学部長会議、私立薬科大学協会などが連合して第三者機関を設立し、専門薬剤師制度の認証を行なうこととしました。
今のところ、主に日本病院薬剤師会が中心となって、多様な医療のジャンルにおいて、専門薬剤師の資格を認定しています。
元来専門薬剤師は、病院等で休みなく、仕事のたくさん抱えるドクターや保健師の医療事故などが続く中で、薬剤師が処方監査などをすることで防ぐことが可能な医療事故もあるだろうという見方の中、創設が検討され始めました。

あるジャンルに精通し、アグレッシブに参加できることのできる薬剤師を育てることで、医師の負担を分散し、安全で安心できる薬物療法の提供を目指そうというわけです。
さらにこのことは、たくさんの医療事故により、患者さんが医療に対する不安感を感じるようになっている中で、医薬品に対する安心感と信頼感を取り戻すことも目標にしています。
加えて、最近では登場して間もない医薬品や医薬品の新たな副作用の発見など、医薬品に関するデータも日を追うごとに進歩し、たくさんの知識量となっています。
このような原因から、医薬品は分類化された疾病ごとに合わせた特長を持っているようになっているので、投薬もきめ細かいスケジュールで行われていく必要性が求められ始めました。

それだけでなく、がんや感染症、精神疾患などではよりプロフェッショナル性を持った薬剤師がより必要となってきています。

このような理由から、信頼しうる専門性の高い薬剤師が必要とされるようになってきたという状況です。

短かった冬休みですが、けっこう充実した一週間でしたね~。

 

まず冬休みに入ってすぐにスキーに行きました。

雪がかなり降って寒かったですが、おかげでゲレンデコンディションはものすごくよかったです!

やっぱり雪質がいいということは、寒さも覚悟しないといけないんでしょうね・・・。

一年前に行った山形の蔵王も、すっごく寒かったです~(汗)。

 

お正月も家族でカラオケに行ったりしました。

甥や姪がもう成人なので、みんなでマイクを奪い合うように歌いましたね(笑)。

 

そしてあっという間に冬休みは終わって、また忙しく調剤業務に追われる日々となりました。

でも今月は月末にまた温泉旅行に行こうかと思っているので、そっちも楽しみです!

早く月末にならないかな~。

あと、今年は治験コーディネーターに転職したいな~。

いろいろ調べたけど、私でも転職できそうだし...。

転職エージェントに任せれば、良い求人見つかりそうだし。

秋にはしてるといいな~。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク